CO2センサ 二酸化炭素濃度測定器『C56A』

二酸化炭素(CO2)の濃度をリアルタイムで表示する、コンパクトサイズなCO2センサです。
屋内の二酸化炭素濃度を1秒間隔で可視化し、換気のタイミングがひと目で分かります。

価格: オープン

空気中の CO2濃度 CO2による人体への影響
400-800ppm 大気中における通常濃度
800-1,200pm 換気が十分に実施されている屋内の通常濃度
1,200-1,600ppm 換気の悪い部屋(頭痛、眠気、倦怠感、注意力散漫、心拍数の増加、吐き気の発生)
1,600-5,000ppm 作業場所としての限界値
室内の CO2濃度が 10,000ppmになると、思考力、集中力が減少します。CO2濃度が上昇すると倦怠感、眠気、湿気、IAQの問題などが発生します。



二酸化炭素測定方式 NDIR(非分散式赤外線吸収法)センサ
外形寸法 約W70×D35×H90mm
二酸化炭素濃度表示範囲 400~5,000 ppm (誤差:約±200ppm)
充電方法 DC5V / 500mA / MicroUSB
電池 内蔵リチウム電池1200mAH
充電時間 約4時間
連続使用可能時間 最大約8時間
原産国 中国
セット内容 本体 / USBケーブル / 日本語取扱説明書  各1点
注意事項
  • こちらは空気中のCO2濃度を計測する機器となります。
    空気中のウイルスや菌を計測する機器ではございませんのであくまで換気などの目安としてお使い下さい。
  • 表示範囲は400~5,000ppmですので、400ppm以下の時も「400」と表示されます
  • いきなり数値が赤ゲージまで跳ね上がったり長時間数値が変わらない場合は一度電源を入れ直して下さい。
  • 本製品を使用した事による、直接的もしくは間接的に生じた損害・破損については弊社では責任・保証を負いかねます。
  • 以下の点がみられる場合がございますが、運搬・材質・製造工程上避けられないものとなりますので予めご了承願います。
    多少の傷/擦れ/凹み/箱のつぶれや傷/形状/サイズ/重さ/色合い/等の若干の違い